FC2ブログ

くすぐり冒険譚ver0.41リリース!

2017/12/10 追記:
以下の不具合を修正したver0.41をリリースしました。
これから遊ぶ方はこちらをダウンロードしてください。

2017/11/20 追記:
報告されている不具合
・グリーンホール戦の敗北イベントを回想した後、画面表示がおかしくなる
→ワープスフィアでどこかにワープする、もしくは他の回想を見ることで直ります。お手数をおかけして申し訳ありません。
・一部戦闘回想において、敵のHPを半分ほど削るとくすぐり以外の攻撃を行ってくる、倒すと経験値が手に入る
→倒さないようにしてください。ごめんなさい。
 
 不具合報告ありがとうございます。大変助かります。
 不具合はもう少し様子を見てから後日全てまとめて修正したバージョンを出させていただきます。
 ご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません。


ScreenShot_2017_1116_20_48_13.png

ScreenShot_2017_1116_20_50_35.png

大変長らくお待たせしました!
 くすぐりRPG「くすぐり冒険譚」、第4章の公開です!
 以下のリンクからダウンロードしてください!

くすぐり冒険譚(ver0.41)
pass:kocho

※女の子がくすぐられて笑い苦しむだけのRPGです。バッドエンド要素強めでハード寄りです。

 前回のバージョンからセーブデータを引き継ぐ場合、Saveフォルダをそのまま移行してください。
 また、3章クリア後から4章部分に進むためには「都市ニューロット」の「居住区」にある飛行船を調べてください。
 そこに限らずどこに行けばいいかわからなくなった際には、「アマタ村」(最初の村)の右下の民家にいる「占いお姉さん」に話すことで行くべき場所を教えてもらえます。

 ティクルズバスターアヤメの製作を挟んだこともあって、約9か月ぶりの更新となってしまいました。
 これから更に忙しくなってくる上に、開催が予定されている第2回くすぐりみっと!にも参加したいと考えているので次回の更新はより遅くなってしまうと思います。
 更新待ちをせずに遊んでもらえるととても嬉しいです。

 くすぐり冒険譚第4章、いつもとちょっと違った内容ですが楽しんで頂けると幸いです。
 続きはコメント返信です。


>>ひよさん
 ティクルズバスターアヤメをお買い上げ、そして遊んで下さりありがとうございます。
 戦闘システムはちょっと独特で受け入れてもらえるか不安だったので、楽しんで頂けたようで何よりです。
 服装に関してはわからないことだらけだったので絵師さんにお任せしましたが、まさに理想通りの恰好になって満足。

 戦闘くすぐりやトラップくすぐりは当初立ち絵を入れようと考えていたのですが、予算や期間の問題で没になってしまいましたね……
 今回はあくまでボス敗北メインということでそこばかりに力を入れる形になりましたが、次また機会があればサブキャラ等のイベントも入れてみたいですね。

 応援ありがとうございます。次は自分のイラストでのゲーム製作に挑戦したいと思っております、今後もどうかよろしくお願いします。 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント (15)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/11/19 06:25
4章お疲れ様でした
冒険譚4章お疲れ様です!早速プレイさせていただきました。序盤以降はこれまでとは一転して各地で共に戦ってきた彼女たちがメインのストーリーというのは、とても新鮮であったと同時に、もう一度活躍している(くすぐられている)姿を見たいと思っていたのでとてもよかったです。物語も大きく動き最終章も目前と、結末が今から楽しみです。

戦闘面では、パーティのバランスが非常によく、シルヴィア加入からは非常に安定して進んでいけました。回復3人に蘇生2人なおかげでアイテムが少なくても長期戦が行いやすかったです。個人的にはキャロルがMVPでした。神聖浄化と退魔の結界は本当に強かったです。ウィルニーモ戦だけは初見では負けましたがそれ以外は特に詰むこともなく、章ボスも時間はかかりましたがレベリングの必要もなく走りきることができました。

くすぐりシーンは、今回も素晴らしいのをありがとうございました。メインの3人のイベントは最初とそれぞれの最悪の擽空間の各2つでしたが、擽空間が非常に濃密だったうえ、ハンナ・キャロル・シルヴィア、そして待望のアリスのイベントもあったので大満足のボリュームでした。
”絶対の遊戯”
アリスの初イベントでしたが早速素晴らしかったです。初めての感覚というのももちろんですが、相手が創造主故のありえない責めというのがよかったです。あと個人的にですが、アブソリュートのあの軽い性格は、エリーたちやアリスは真剣にもかかわらず遊びという感じがして割と好きです。

”失われる仲間”
2章冒頭と同じ場でのスタートだったのでへスター再来かなどと考えていましたがさらに上をいく展開でした。愛機に裏切られ親友を失うという展開は一番精神が未熟なステラだからこそ生えるものでした。終盤の心情の変化とそれに反するビットの行動もよかったです。

”みっともない おうまさん””おしりまるだしの おねえさん”
ハンナやシルヴィアと違い、性格的な面や相手が子供ということもあり強く出られないというのがよかったです。キャロルといったら尻、尻といったらキャロル。改めてその部位の良さに気づくことができました。

”失われる力”
やはりアスカは力に自信のあるキャラなので、それをへし折られる展開が似合いました。実際の戦闘による力量差やレベルダウンにスキル喪失がそれを一層引き立てていました。最後にはネズミにさえ負ける展開も素晴らしかったです。あと、システム的な面もあるかもしれませんが、分身コチョバスにくすぐられるシーンでは、最初は3人まで耐えられたのがレベルの低下で次は2人しか耐えられないというのも弱くなっている感があってよかったです。

”失われる記憶”
日を追うごとのエリーの反応の変化は素晴らしかったです。このイベントや3章の工場のような実験系のくすぐりは個人的にはストライクです。最後の精神を壊すレベルのくすぐりは、空なき世界の反逆ルート並みにえげつなくて最高でした。各日のイラストもより臨場感が出てきてよかったです。

”最悪の擽魔”
自由意志の肩代わりと肩代わりの順番も決めさせるという悪趣味さと自分の身を厭わないアリスの純粋さがとてもよかったです。無惨に散るヴァルキリ―ではかばうことをやめてしまったシルヴィアに対して、アリスは最期の時まで肩代わりし続けるのか、などと想像するエンドでした。


ストーリー・戦闘・くすぐり、どれも大満足のものでした。強いて言うなら、章ボス勝利後のイベントも割と好きだったので、撃破後にセーブのタイミングがあるとうれしいなどと個人的に思いました。りみっともあるので大変かもしれませんが、最終章も頑張ってください!本当にお疲れ様でした!
2017/11/19 17:51 AA URL

 ウルトラサンムーンからこんばんは。野生の電気ネズミです。
 『くすぐり冒険譚』の4章をプレイしたので感想を残していきます。今回はエリーちゃんたち三人組以外、過去に登場した女の子たちやアリスちゃんにスポットが当たるということで楽しみにしていました。

 まずは今回の章のメインキャラとも言えるアリスちゃん。彼女はとても魅力的な女の子でした。
 ミステリアスなクールキャラはくすぐりとの相性が抜群ですが、それだけではなく「本来は加害者であったが、自分の行ってきたことの罪深さに気づく」というポジションが美味しいです。そもそも、最初からそういった罪悪感を抱いて苦しませるために造られた女の子……という設定が(いい意味で)悪趣味だと思いますし、冒険譚を象徴するようなキャラだと思います。くすぐりシーンもよかったですが、道中での仲間とのやりとりもどこか抜けているというか、見ていて微笑ましかったです。
 物語全体のラストも気になるけれど、アリスちゃんが己の罪から解放されて幸せな人生を歩めるのか……という部分もかなり気になりますね。というか、アブソリュートを倒したらアリスちゃんの存在も消えてしまうのでは?とか思うと、気が気じゃありません(´・ω・`)

 戦闘面について。
 今回はちょうどよかったです。レベルあげをしなくても、戦略を考えて行動すれば勝てる絶妙なバランスでした。いつもはやや難しめかな……?という感じですが、今回は一度もゲームオーバーになりませんでした。
 強いて言うならば、最後のボスはそこそこ時間がかかり、こちらの行動がパターン化されるのでマンネリになってしまったくらいでしょうか。

 くすぐりシーンはいつもどおり、すばらしかったです。
 アリスちゃんがくすぐられるシーンをずっと楽しみにしていたので、『絶対の遊戯』はめっちゃテンションがあがりました。創造主によって設定を自由に変えられるというのが面白かったです。特殊な設定だからこそできるシチュですね。最終的な弱点が太ももなのはグッジョブです。暴れてスカートがめくれて、純白のパンツをひらひら見えちゃうのがエロいです!

 『ヒロインガンナーこちょこちょ罰ゲーム』も気に入ってます。久しぶりのハンナちゃんということもありますが、なによりこういうゲーム的なシチュが好みです。ふつうの状態ならばできることでも、こちょこちょで妨害されてしまうと……というわかりやすい構図ですし、どんどん泥沼にハマっていく様子が大好きです。帽子とマフラーだけ残されて全裸のハンナちゃんが最高に惨めでかわいい。拘束がわざと緩めになっており、縦横無尽に暴れる様子を観察できるというのも素敵です。今後もこのイベントにはお世話になることでしょう。

 『みっともないおうまさん』『おしりまるだしのおねえさん』では、無邪気な子どもたちに弄ばれるキャロルおねえさんが見れて大満足でした。冒険譚キャラでは珍しく豊満なボディのキャロルさんが、ろくに抵抗もできずにくすぐられまくるのがよかったです。2章の操られた森の民たちにくすぐられるシーンと同じく、やっぱりこういう本来なら格下の相手に辱められるシチュがよく似合う女性だなとつくづく思いました。お尻責めが多いのも屈辱的でグッド。

 アスカちゃんの『失われる力』はゲームシステムを活かした素敵なシーンでした。戦う女の子が徐々にくすぐりで追いこまれていくシーンは過去にもありましたが、くすぐられるごとに力が吸われてレベルが下がっていくところが見事です。状態異常とかもそうなのですが、具体的にステータスとして見えるから興奮するっていうのはあると思います。最後には一匹のネズミにすら敗北してしまうところが惨めでよかったです。

 『失われる記憶』は冒険譚の中でもトップクラスにハードなシチュでよかったです。最初のほうのパズルが解けなくなっていくくだりが単体で好きですし、徐々に強化されるくすぐりによって心を折られていくエリーちゃんが大変エロかったです。前述したハンナちゃんBADと並んで4章では印象に残ったイベントですね。これ以上の苦しみはない……というほど追いつめられているのに、無慈悲にもさらにそれを上回る苦しみに襲われるという絶望感が素敵です。

 ただ、ひとつだけ気になったのは、救出された後のエリーちゃんの立ち直りが早すぎん?とは思いました。物語の構造上仕方ないとは思うのですが、あれほどの責めを受けて記憶喪失にもなったら、記憶が戻ってもすぐに冒険を再開できるのかという部分はどうしても違和感を覚えてしまいます。まあ、これから最終章に突入するというのに、一時的にパーティーに参加できないというのもアレですが(´・ω・`)

 最後のBADEND『最悪の擽魔』は、アリスちゃんの魅力がたっぷり詰まっていました。罪悪感からの自己犠牲というのは彼女によく似合うシチュです。直前の『無残に散るヴァルキュリー』では、シルヴィアさんが最後に仲間を庇うことをやめてしまうというオチだったので、なおさらアリスちゃんの想いの強さが印象的でした。ステラちゃんとは違う意味で頭を撫でてあげたくなる娘だ……。

 さてさて、ストーリーとしても佳境に入り、いよいよ最終章ということで盛り上がってきました。
 さっきは「立ち直りが早すぎる」と批判的な内容を言いましたが、最後のイベントの内容自体はすごく好きです。今まで父親の背中を追いかけるだけだったエリーちゃんが、これからは自分の意志で運命に立ち向かうのかと思うと胸が熱くなりますね。まさに主人公という感じでした。

 アブソリュートとの最終決戦、アリスちゃんの行方、そしてエリーちゃんたちの旅はどうなるのか、楽しみな要素がいっぱいでわくわくします(言い忘れていましたが、飛行船によって世界がいっきに広がる演出もすばらしかったです)。

 4章の更新ほんとうにお疲れさまでした。
 これから寒くなって体調を崩しやすい時期ですので、どうかご自愛くださいませ。
 最終章やりみっとの更新も楽しみにしております。ではではー。
2017/11/19 21:12 電気ネズミ@笑う門には福来る URL
バグ報告
更新乙です
とりあえず更新分までプレイしたので、これからじっくり楽しもうと思います
回想シーンでグリーンホール戦後、画面固定のままになってしまうというバグを発見したので報告させていただきます
2017/11/20 03:09 ツ URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/11/20 22:39
更新お疲れ様です。
第四章、今回もじっくり楽しませて頂きました!
今まで各地で共闘してきた仲間による戦い、圧倒的巨悪に立ち向かうエリー達
そして負けた彼女達に訪れる絶望、実に興奮させられましたね!

衰えない強さで立ちはだかるチャレンジボスにはなかなか手こずらされ……しかし最後に打ち勝つ達成感、最高でした

次章ものんびりまったり待ってます!
2017/11/20 23:56 Lvem URL 編集
寄付
お疲れ様です!EthereumやBitcoinの寄付は受け取りますか?
2017/11/21 19:23 ファッキン外人 URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/11/22 01:00
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/11/22 02:01
改めて更新お疲れ様です、そして先日クリア&BADイベント回収してきました。
プレイしていて、一気にストーリーが進んで佳境へと入ったのが強く印象に残りました。アリスの正体と関連性、黒幕の登場、最終章に向けての様々な要素が絡んで、これからどうなっていくのか楽しみです。
あとアリスちゃん、可愛かったですね…(語彙力0)

各エロイベントの方はハンナの罰ゲームBAD、シルヴィアがバイオマザーに取り込まれるBADが特に好みでした。
前者はシチュが好きなもの揃いで、わかりやすく凌辱的でエロくて良かったです。
後者はシルヴィアの崩れ出してからの脆さや最後の文章で、やっぱ騎士団長じゃなく「奴隷」に相応しいんだなーと思ったりでこれまた良かったです。

最終章への製作やりみっとに出す作品の制作は本当に大変だと思いますが、どうか頑張ってください。
また私生活との兼ね合いや体調を崩しやすい季節になってきたのでどうかご自愛ください。改めて、これからも楽しみにしています。
2017/11/23 20:06 写楽藤岡 URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/11/25 23:34
4章更新お疲れ様です!
アリスちゃんの正体が判明したり、遂に黒幕が姿を現したりと激動の章でしたね!
今回はストーリー中の強制こちょシーンが多かったですが、だからと言って生温いということはなく、むしろ敗北級のものより数段えげつないもの(褒め言葉)まであってどれも堪能させてもらいました。
空を飛べるようになったり、過去の仲間が集結したりとrpgとしてワクワクする部分も沢山ありましたね!
今回はシーンも多かったので、自分が特に良かったと思うものについて少しだけコメントさせてもらいます〜

○絶対の遊戯
今までミステリアスな雰囲気を漂わせてきたアリスちゃんのはじめてのくすぐりシーンでもあり、メインの3人の運命を決める4章のキーでもありましたね。直接で無いとはいえ、自分が今まで人に味あわせてきた苦痛を自身の身で体験するというのはこういうポジションのキャラならではですね!相手が想像主で、自身の弱点を好き勝手に決められてしまうというのも目新しかったです。

○vsウィルニーモ
魔毒によってどんどん敏感になっていくというシンプルなものではありますが、それだけに破壊力もすごかったです。
魔毒のレベルが進んでいって、最初は抵抗できてた攻撃に手も足も出なくなってしまう...というのが戦闘というスタイルの中でうまく表現されていてよかったですね。
やっぱりこういう戦闘絡みのは大好きです!

○vsUFOクレーン
クレーンがあるマップのスクショは更新前に見た気がしますが、てっきりイベントシーン用だと思ってましたね。
まさかこういう形で戦闘になるとは...!
エロかったのは勿論ですが、何よりもその発想に驚かされましたね。
子供たちに揉みくちゃにされる様は三者三様でどれも素晴らしかったですが、特にキャロルさんのスカートが縛られちゃって下着丸出しで笑い悶えるやつがお気に入りです!
これに限らず、キャロルさんのは人間としての尊厳を踏みにじるような羞恥系のものが多くて大変満足させてもらいました...!

○vsイミテリウス
こちらも発想に驚かされたシチュの一つですね〜
真似られた自身の技に翻弄され、こっ酷くくすぐられてしまうというのはさぞかし屈辱的でしょうね。
敗北のほうも、転移の力を本人以上に発揮したイミテリウスによってアリスちゃんが虐められる姿が大変よろしかったです...!

○失われる記憶
まさかのCG付きシーンということで、いい意味で意表を突かれましたね!
他の2人と比べて、くすぐられるのは弱点とはいえ足の裏のみ。
割とマイルドな感じで終わるのかな...?なんてことはなく、最終的には記憶喪失になってしまうほどの凶悪なくすぐりシーンでした...
日数やパズルを使った状況やエリーちゃんの反応の変化が事細かに表されていて、このシーンのヤバさがひしひしと伝わってきました!

○失われる力
個人的に今回のmvpを挙げるならこのイベントでしょうか。
戦闘形式の敗北シーンといえば、過去のハンナさんのものがあり、今でもお気に入りですが、それよりも数段と凶悪なパワーアップを遂げて帰ってきた、という感じでしたね!
Lvを吸い取られ、与えるダメージも減っていき、気絶しても復活させられ、敵の数も増える...
戦闘形式であることのメリットを十二分に活かした臨場感のあるシーンで本当に気持ちよかったです(下品)
自身の強さへの思い入れの強いアスカちゃんが選ばれたことがより一層このシーンの魅力を引き立ててましたね。
最後には雑魚にも勝てなくなってしまうという描写もとても惨めな感じが出ていてよかったです!

とりあえずこれくらいでしょうか!
悪趣味(褒め言葉)で凶悪(褒め言葉)でえげつない(褒め言葉)シーンがたっぷりで、今でこのレベルってラストどうなっちゃうの...?と逆に心配になっちゃうような4章でしたが、本当に楽しませていただきました!
りみっともありますので最後の章まで少し時間が開くのかもしれませんが、わたたるさん自身が最高に満足のいくラストを迎えられるよう、応援しております!
ご自身のペースでゆっくりじっくりと頑張ってください!!



2017/11/27 01:46 灯火 URL
遅くなりましたが更新お疲れ様です。
今回は新しい仲間であるアリスちゃんがメインでしたが、過去の仲間集結の熱い展開ですね!
そのおかげか、戦闘はかなり楽が出来ましたね。
肝心のくすぐりですが、今回も非常に楽しませて頂きました。

中でもグリーンホールはいきなり開幕から自分の好きな要素が詰め込まれていて最高でした。
前菜の船から落ちないように支えながらくすぐられる場面、仲間が手を離したら死ぬ、という身動きできない状況で魔物に好き放題されるというのも、
メインの落ちた後の全身くすぐり地獄プラス視界カットもとても良かったです!
ハンナ、キャロル、シルヴィアのくすぐりシーンも語りつくせないほど良かったですが、やはり擽空間に送られた3人、そしてアリスちゃんのくすぐりがとても良かったです!

仲間を失う悲しみを笑顔で上書きされるステラ、自分の船や武装がくすぐり道具になるのがいいですね。
レベルドレインされるアスカ、ゲームならではの演出が素晴らしかったです。
徹底した足責めで壊されるエリー、自作イラストにも驚かされました。
擽空間から助け出された時の、何もされていないのに笑い続ける3人もとてもツボです。
そして何といっても今回の主人公であるアリスちゃんですね。
想像していた性格とは少し違いましたが、仲間想いの女の子が必死で身代わりになろうとする姿がとても素晴らしかったです。

難点というわけではありませんが、壊されるまでが長かっただけに、壊れたエリー達が立ち直るシーンはもう少し長くてもよかったかもしれません。

次回が最終章ということで、寂しいですが、最後に相応しいくすぐり地獄を期待しています!

ついでに質問なのですが、アリスちゃんとステラちゃんは肉体年齢的にはどちらが上なイメージなのでしょうか?
2017/11/30 04:43 吟士 URL
遅ればせながら冒険談の感想をば!
歴代のキャラ大登場で熱かったですね、戦闘面は正直バフしてごり押しで戦わせていただきました……
そして今回は何より戦闘くすぐりが凝っていて凄かったです。グリーンホールにせよ、ウィルニーモにしろ最初は効かないくすぐりが弱くなって耐えられない感じが素晴らしく好きです。あとUFOも楽しい。
BADはどれも濃く、相変わらず我慢系のシチュも多くでとても美味しかったです!
シチュ的にはアスカさんのが好きだが、アリスさんも多くて良かった。そしてやっぱ一番好きなキャラはエリーですね! まだ寄り道系はほとんどしておらず、回想含めまだまだ楽しませていただきますー
2017/12/03 21:39 fe URL
支援SS(?)
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9441984
アフターストーリー的な?
2018/06/24 16:53 かりんとう URL
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(くすぐり冒険譚不具合修正&コメント返信譚(前編))
次のページ(夏~秋のお絵描き特集)
プロフィール

わたたるたる

Author:わたたるたる
くすぐりが好きです。
軽めのリョナも好きです。
ホワイトチョコも好きです。
タルタルソースはそこまでです。
長らく画力マイナスを自負してきましたが、唐突にお絵描きの修行を始めたので頑張って上手くなりたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
こちょこちょ討滅記 (8)
くすぐり冒険譚 (12)
ティクルズバスターアヤメ (6)
Tickled Warriors (28)
Tickled Blader (2)
くすぐりSS (9)
趣味の話 (9)
未分類 (80)
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
訪問者数
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR